お知らせ

2017.10.06 (Fri)  08:02

●岩手盛岡のベアレンビール

ビンチェの17時~のほろ酔いタイムでお楽しみいただいておりました

埼玉の川越のクラフトビールCOEDOにかわりまして、より

9月より岩手の盛岡のクラフトビール、ベアレンビールが新登場しております。

ドイツより移設した醸造設備を駆使し、ヨーロッパの伝統的な製法でクラッシックビールを作るブルワリー

『ベアレンビール』より

ビンチェでは、『ベアレン・クラシック』と『ベアレン・アルト』の2種類の定番クラフトビールを

ラインナップいたします。

ベアレンビール クラシック3.gif

ベアレン アルト3.gif

今後は、季節ごとに展開される季節のビールもラインナップしていく予定で、

来週からは、限定のHalloweenの為のベアレンビール

『パンプキンウィート with 3spices 』が登場する予定です。

かぼちゃと小麦で仕込んだパーティーピールは、

オレンジピール、コリアンダー、オールスパイスの3つのスパイスが楽しい味わいとなっております。

ベアレン Halloween.jpg

是非とも、岩手盛岡のベアレンビールをお試しくださいませぇ~

**************************************************************

◆まだまだ力がなく、今、スタッフみんなで努力中ですが。。。(汗)

食べログの『ビンチェ』のページも応援いただきたく、宜しくお願いいたします!

https://tabelog.com/tokyo/A1302/A130204/13118469/

 

 

※数量限定のため、

内容が変更になる場合がございます。

 

【本日の日替りアイスティー】  

●マスカットアイスティー

●ペパーミントアイスティー

●玄米茶

 

【本日の日替わりスープ】

●カリフラワーのポタージュ

 

【本日の日替りパスタ】

●牛ザブトン肉とマッシュルームを煮込んだミートソーススパゲティ

 

【本日の日替りペンネ】 

 ●イカとブロッコリーのトマトバジルペンネ

 

本日の日替りDON&うどん】

●トマトソースかつDONきざみ揚げうどん

 

本日の日替りDON】 

 ●トマトソースかつDON

 

【定番ランチ】選べるニョッキの少量ランチ

(+100円でレギュラー量もOK!)

5種のお味からお選びいただけます。

●明太子クリーム

●豚挽き肉ハーブ風味

●オリーブアンチョビ

●豚挽き肉のカレー

●たこ入りジェノバ

 

【定番ランチ】彩り野菜の牛すじカレー

●彩り野菜の牛すじカレー20160612.jpg

 

【11時~14時までの時間限定ランチ】

●10種以上の焼き野菜サラダランチ  

●10種以上の焼き野菜ランチ.jpg

●ミックスグリルランチ

P1200341.JPG

●選べるフォカッチャランチ

2種類のフォカッチャからお選びいただけます。

◆しらすのフォカッチャ

しらすのフォカッチャランチS.jpg

◆生ハムフォカッチャ

※生ハムフォカッチャは、

  3種のソース<バジル・トマト・カレー> から

  お選びいただけます。

 

 【14時~17時までの時間限定ランチ】

●カナダ牛のザブトンステーキランチ

(自家製パン又はライス、サラダ付) 1490円

カナダ牛のザブトンステーキ1S.jpg

サラダ、パンorライス付き☆

●とろとろ卵とチーズのオムライスランチ

 

・豚ばら肉の柔らか煮

 バルサミコソースランチ

●豚バラ肉の柔か煮 バルサミコソースランチ.jpg

 

 

 

ビンチェの定番となり、お陰様で皆様からもご好評いただいている『彩り野菜の牛すじカレー』

2010年11月のビンチェの開業時から、少しずつ何度も何度も改良を重ねてきました。

20170906_010847995_iOS.jpg

その都度は、際立った改良ではないのですが、

その時々に『更に美味しく!』を考えて、改良し続けてきました。

そんな中で、開業時からかわらずにこだわり続けていること、

熱々のカレーを召し上がっていただこうということです。

 

特にビンチェのランチタイムには、沢山のオフィスワーカーのお客様がいらしてくださいます。

ランチタイムでは、箱崎の社食をコンセプトにしているビンチェでは

限られた休憩時間を使ってご来店いただくお客様に

少しでもスピーディーにお料理をご提供をして差し上げることがとてもとても大切なことです。

ですから、ご提供のことを考えると、作ったカレーソースをソースポットウォーマーなどで

キープしておき、オーダー毎にお皿にごはんを盛り、

カレーソースをかけるだけでお待たせしないでお出しするという選択肢もあるのですが、

ただ、粘度のあるカレーソースをスープポットでキープするには 

温度は70℃以上に上げることができず、どうしても熱々のカレーを召し上がっていただけないのです。

 

私たちは、鍋で火をいれた熱々のカレーソースのかかったカレーを食べていただきたいとの思いから

少しでも短い時間でオーダーごとに一食一食ソースに火を入れる方法を考えて、

7年前の開業時からこだわり続けています。

 

どんなに忙しくても、カレーのご注文をいただくと一食ずつ鍋で火をいれてご提供しています。

目に見えない小さなこだわりだけど、自分たちで決めた小さなこだわりは

地味に継続しづけるということがビンチェスタイルなんです。。。

 

※数量限定のため、

内容が変更になる場合がございます。

 

【本日の日替りアイスティー】  

●アプリコットアイスティー

●ジャスミンティー

●黒ウーロン茶

 

【本日の日替わりスープ】

●ミネストローネ

 

【本日の日替りパスタ】

●茄子ときのこのベーコントマトクリームスパゲティー

 

【本日の日替りペンネ】 

 ●たっぷりシーフードのトマトソースペンネ

 

本日の日替りDON&うどん】

●彩り野菜のバルサミコ酢豚DONきざみ揚げうどん

 

本日の日替りDON】 

 ●彩り野菜のバルサミコ酢豚DON

 

【定番ランチ】選べるニョッキの少量ランチ

(+100円でレギュラー量もOK!)

5種のお味からお選びいただけます。

●明太子クリーム

●豚挽き肉ハーブ風味

●オリーブアンチョビ

●豚挽き肉のカレー

●たこ入りジェノバ

 

【定番ランチ】彩り野菜の牛すじカレー

●彩り野菜の牛すじカレー20160612.jpg

 

【11時~14時までの時間限定ランチ】

●10種以上の焼き野菜サラダランチ  

●10種以上の焼き野菜ランチ.jpg

●ミックスグリルランチ

P1200341.JPG

●選べるフォカッチャランチ

2種類のフォカッチャからお選びいただけます。

◆しらすのフォカッチャ

しらすのフォカッチャランチS.jpg

◆生ハムフォカッチャ

※生ハムフォカッチャは、

  3種のソース<バジル・トマト・カレー> から

  お選びいただけます。

 

 【14時~17時までの時間限定ランチ】

●カナダ牛のザブトンステーキランチ

(自家製パン又はライス、サラダ付) 1490円

カナダ牛のザブトンステーキ1S.jpg

サラダ、パンorライス付き☆

●とろとろ卵とチーズのオムライスランチ

 

・豚ばら肉の柔らか煮

 バルサミコソースランチ

●豚バラ肉の柔か煮 バルサミコソースランチ.jpg

 

 

 

 

 

 

ビンチェのランチメニューのいくつかにセットしているグリーンサラダ。

実は私たちなりのこだわりをもったサラダなんです。

約7年前の11月にオープンしたビンチェですが、その間グリーンサラダのあることにこだわり続けてきました。

そのこだわりとは。。。?

『ドレッシングにこめしぼりを使っている。』

『鮮度のいいレタスを使っていて、しゃきしゃきしている。』

『ドレッシングのアクセントの玉葱』

もちろんどれも正解です。どれも意識しているこだわりポイントです。

そして何よりも私達がこだわっているのは、レタスのサラダを仕込みする際の『蘇生』という工程。

7年前の開業にあたってランチのセットのサラダを決めるとき、

色々な新種野菜を使ったり、茹で野菜にしたりとかもいいかなぁ~と考えたりしたのですが、

やはり『サラダ』と言った時に、日本人の多くの方が思い浮かぶのがレタスという素材。

サラダ比較.JPG

そして、そのレタスを使った『サラダ』というメニューの一番の魅力は何ていっても『シャキシャキ感』だと考えました。

もちろん野菜は鮮度が命。

レタスの鮮度が良ければ『シャキシャキ』しているかといえば実はそうではなかったりするのです。

レタスは90%以上が水分だと言われています。

そしてどんなに鮮度がいいレタスでも、産地からの流通という経緯をたどれば水分が乾燥してしまうことは否めません。

農家の方々が丹精込めて作った野菜をその持ち味を活かした美味しさでテーブルにお出しするのも調理の大切な役目。

運搬、流通の段階で水分を失ってしまった場合でも新鮮で力があるレタスは、

その水分をしっかりと自分の身体の中に吸収しようという能力が備わっています。

だから、レタスをしっかり洗ったあとに一定の時間たっぷりのお水の中にレタスを漬けておいてあげれば、

しっかりとお水を吸い上げて水々しい葉っぱが蘇ります。

私たちはこの工程を『蘇生』と呼んでいます。

例えば、レタスを買ってきた時に100gだった葉っぱは蘇生をすることで、場合によっては130g~140gの重さになることもあるのです。

その重さの差だけ、水分をしっかりと吸収したということになります。

水分をしっかりと吸収したレタスを今度は冷蔵庫でしっかり冷やしこんであげると

シャキシャキ感たっぷりの冷たいサラダが出来上がります。

こだわって育てて鮮度のいいものであっても蘇生をしていないレタスは

いくら冷蔵庫で冷やしても冷たいシャキシャキしたレタスサラダにはなりません。

ちょっとした一手間ですが、レタスのサラダにとっては、これがとっても大切な一手間だと思っています。

そして、ビンチェのドレッシングの味は、しっかりと蘇生して水分がたっぷり含まれたレタスにあわせて作ってあります。

だから、蘇生という一手間を踏んでいないレタスサラダに

ビンチェのこだわり自家製のこめしぼりドレッシングをかけてもちょっと違っちゃうんですよ、味が。。。(笑)

お客様によく『レタスが美味しいですね!』『サラダがシャキシャキで、美味しい。』というお言葉を頂戴します。

多くの方が、農法とかにこだわった特別なレタスを使っていると思っているようです。

でも、ビンチェで使っているレタスは、特別な農法とかにこだわったレタスとかではなく、

近くの八百屋さんで売っているレタスを、毎日ユータロー店長が箱で仕入れて担いでもってきてくれます。

こだわれることは、こんなに小さな店なのに、毎日箱で仕入れたレタスを使いきってしまうので、

鮮度抜群なこと。

そして、鮮度のいいレタスだから蘇生力が強いので

しっかりと水分を吸い取ってシャキシャキとしたサラダに仕上がるのですよね。

ビンチェのクマ料理長は、開業から7年間、蘇生という工程にこだわってグリーンサラダを仕込んできました。

あと、ランチタイム、どんなに忙しいからと言っても、

サラダボウルにレタスを盛り付けて、そこにドレッシングをかけて作り置きすることもありません。

オーダーごとに、ボウルにレタスを盛り付けて、一つ一つドレッシングをかけてお出ししないと、

せっかく蘇生したレタスのシャキシャキ感を感じていただくことはできません。

ビンチェのランチのグリーンサラダ、是非ともお試しくださいませ!

IMG_5335.JPG

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...
Today's Schedule
2017.10.18 Wednesday