お知らせ

先日テレビ放映で紹介された大阪の松前屋さんの昆布の水塩、ビンチェのオンラインショップ【楽天市場日本橋箱崎町レストラン直送グルメ】では、放映と同時にかなりの数が一気に完売でした!・:*+.(( °ω° ))/.:+

 

多くのお客様にお待たせしておりましたが、入荷したので、ご紹介いたします!

『水塩』という名称を聞いたことありますか?
日本を代表する調味料と言えば『醤油』ですが、醤油が普及する以前での調味料として『水塩』が用いられていたようです。

要するに、ミネラル分が多く含まれた塩を水に溶かして、調味料として使用していたということです。
現代でも、日本料理ではそれぞれのお店で自前の『水塩』をもっていて料理に使用していることがあるのです。そういえば、私は割烹料理店のカウンターで料理の仕上げにさりげなくスプレーをする姿を見かけたことがあります。

6E9D53EC-F8C5-4802-8147-A4403777A530.jpeg

そんな『リキッド・ソルト=液体塩』の水塩を
手軽にご家庭でも使っていただけるように開発した商品が『昆布の水塩』です。
4DE81E89-523E-4559-BE60-98C0B1D661C2.jpeg
これは、液状の調味料でもあり、『出汁』でもあります。『昆布の水塩』をお魚や肉の素材にスプレーするだけで、臭みを消して、旨みを引き出します。また、野菜や果物にスプレーすれば、素材の甘みが際立ちます。

生野菜にも、スプレーしてそのまま召し上がっていただければ、塩分は控えめでありながらも、昆布の旨みで味がしっかりするので低塩でありながらも、満足な味付けが実現できます。

C5A7F950-7D14-4AB3-BD9D-7DDFEA35C437.jpeg

ビンチェでは、塩分濃度の違う2種類をお取り扱いしております。

塩分濃度17%の『海』は、昆布の旨みをベースに、鰹節、干し椎茸、干し貝柱、干し海老などのイノシン酸、グルタミン酸のうまみ成分がたっぷり入っていますので、下ごしらえから、仕上げの味付けまで、広範囲に活用できます。

また、塩分濃度25%の『玄』を取り扱っておりますが、こちらはプロ仕様で飽和食塩水とほぼ同じ位の濃度の商品です。一夜干しなどから料理の基本塩として幅広く応用できます。またこちらの商品は、旨みをさらに向上させるために藻塩を使用した本格的プロ仕様の商品なんですよー!

マル秘事項ですが。。。ビンチェでもちょっとした調味で、この水塩を使っていたりするんです。。。お料理の最後に、サッとスプレーするだけで、料理の味がしっかり決まる!!!
素材を活かしたお料理作りや、ヘルシーライフに、重宝すること間違いありません。

是非一度、この『昆布の水塩』をお試しくださいませぇ~

Today's Schedule
2020.10.28 Wednesday